補聴器相談

『聴』・『能』・『力』リハビリ教室開催
当院では補聴器のリハビリ教室を開催しております。詳しくはこちらより御覧下さい

補聴器適合外来

毎週 火曜日・金曜日 10:00~15:00
おひとりに十分時間をかけさせていただくので、事前に一般外来で予約を取らせていただきます。

top_1聴こえの悪くなった方に対して、補聴器をお勧めした時、ある方はやかましいからつけたくないと言われたり、ある方はご家族に買ってもらった補聴器が数個あるが、使っていないといわれたり、 知人が補聴器は使いづらいと言っていたなどのご意見をよく聞きます。

このように、補聴器に対して多くの皆さんはあまり良い印象をお持ちではありません。
しかし、残念なことに聴力がある程度悪化してきた場合、周囲の方との会話や情報の獲得のためには、聴こえを補助しなければなりません。 補聴器は自分の耳の代わりにはなりませんが、聴こえを補助することはできます。

さらに最近の補聴器は様々な機能が付加され、かなり使い良いものが多くなりました。 しかし、誰にでもすぐ適合した補聴器はありません。補聴器をきちんと調整していかなければそれぞれの方にあった補聴器にはならないのです。

 

top_1にいつクリニックでは、補聴器の適合には十分時間をかけ、その人、その人に合ったものを、調整していく外来を作りました。 耳鼻咽喉科専門医(補聴器相談医)と言語聴覚士と補聴器技能士が協力して使える補聴器を調整したいと考えています。

詳しくは、耳鼻咽喉科外来、クリニック事務受付にてご相談ください。

補聴器適合外来担当スタッフ:妹尾早織(せのお さおり)

言語聴覚士とは、言語聴覚士法に基づき医師の指示の下、言語聴覚療法(音声機能、言語機能、摂食・嚥下機能、又は聴覚に障害のある人に対し、 その機能の維持向上を図ることと言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助)を行う医療資格者のことを言います。

 

inquiry_niitsu









Copyright(c) 2013 にいつクリニック All Rights Reserved.